【原著】

 

1.    Arai A, Sakashita C, Hirose C, Imadome K, Yamamoto M, Jinta M, Fujiwara S, Tomita M, Shimizu N, Morio T, and Miura O: Hematopoietic stem cell transplantation for adults with EBV-positive T- or NK-cell lymphoproliferative disorders: efficacy and predictive markers. Bone Marrow Transplant. 2016 Feb 22. doi: 10.1038/bmt.2016.3. Corresponding author IF=3.57 DOI:10.1038/bmt.2016.3

 

2.     Akiyama.H, Takase.H, Kubo.F, Miki T, Yamamoto.M, Tomita.M, Mochizuki.M, Miura.O, Arai.A. High-dose methotrexate following intravitreal methotrexate administration in preventing central nervous system involvement of primary intraocular lymphoma. Cancer Sci. 2016 Oct;107(10):1458-1464. DOI:  10.1111/cas.13012

 

3.  Misae Tsunaka, Reina Arai, Ayaka Ohashi, Takatoshi Koyama. Cell-based laboratory evaluation of coagulation activation by antineoplastic drugs for the treatment of lymphoid tumors.  SAGE Open Med. 2016; 4:2050312116660936, DOI: 10.1177/2050312116660936

 

 

【 症例,臨床治験報告】

 

 1.    Yui S, Yamaguchi H, Imadome K, Arai A, Takahashi M, Ohashi R, Asayama T, Kondo A, Moriya K, Nakayama K, Dan K, Shimizu S, Inokuchi K: Epstein-Barr virus positive T cell lymphoproliferative disease following cord blood transplantation for acute myelogenous leukemia. The Journal of Nippon Medical School, Vol.83(1):35-42.2016. DOI:10.1272/jnms.83.35

 

2.  内田慧美, 渡邉健, 押川学, 坂下千瑞子, 黒須哲也, 福田哲也, 新井文子, 村上直巳, 三浦修, 山本正英. MLL-AF9遺伝子転座を伴う難治性の乳房原発骨髄肉腫. 臨床血液;57(1):47-51. 2016. 

 

3. 出血傾向を示す代表的な疾患と臨床検査 血友病   小山 高敏 Medical Technology, 44(4), 345-349. 2016

 

 

【著書】

 

1. 新井文子. 伝染性単核球症. 血液科研修ノート  永井良三編  診断と治療社

 

2. 新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患の診療ガイドライン  日本小児感染症学会監修  診断と治療社

 

 

【総説・講座】

 

1. 新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症の問題点 . 血液内科  科学評論社

 

 

【学会発表】

 

☆国際学会☆

 

1.  Haruna Shibayama, Ken-ichi Imadome, Chizuko Sakashita, Ken Watanabe, Norio Shimizu, Takatoshi Koyama, Shigeyoshi Fujiwara, Osamu Miura, Ayako Arai. In vitro and in vivo effects of proteasome inhibitor bortezomib on Epstein-Barr virus-positive T- or NK-cell lymphoproliferative diseases. 17th International Symposium on Epstein-Barr virus (EBV) and Associated Diseases. (Zurich )20160810 Corresponding author

  

2.    Yujin Sekinaka, Noriko Mitsuiki, Kohsuke Imai, Miharu Yabe, Hiromasa Yabe, Masatoshi Takagi, Ayako Arai, Kenichi Yoshida, Yusuke Okuno, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Seiji Kojima, Asuka Hira, Minoru Takata, Osamu Ohara, Seishi Ogawa, Tomohiro Morio, and Shigeaki Nonoyama. Common variable immunodeficiency caused by FANC mutations.  17th Biennial Meeting of European Society for Immunodeficiencie.Barcelona 201609  Poster presentation

 

 

 ☆国内学会☆

 

1. 上野絢子, 迎純一, 渡邊健, 坂下千瑞子, 押川学, 山本正英, 福田哲也, 新井文子, 三浦修. ベーチェット病に対するazathioprine治療に

治療関連急性骨髄性白血病の1例 第621回日本内科学会関東地方会 2016年2月13日 東京

 

2. 迎純一, 鈴木さやか, 田中圭祐, 渡邉健, 坂下千瑞子 ,押川学, 福田哲也, 新井文子, 三浦修,山本正英. 自家末梢血幹細胞移植(ASCT)後再発の多発性骨髄腫に対する2nd ASCTの有効性の検討. 第38回日本造血幹細胞移植学会総会 2016年3月5日 名古屋

 

3. 鈴木さやか,田中圭祐, 迎純一, 渡邉健, 坂下千瑞子, 押川学, 山本正英, 福田哲也,新井文子,三浦 修 染色体異常i(X)(p10)を伴う非定型慢性骨髄性白血病. 第4回日本血液学会関東甲信越地方会 2016年3月19日 東京

  

4. 柴山春奈、今留謙一、藤原成悦、渡邊健、清水則夫、坂下千瑞子、小山高敏、三浦修、新井文子. EBV陽性T,NKリンパ増殖症に対するBortezomibの有用性の検討. 第25回EBV感染症研究会 2016年3月20日.東京

  

5. 鳥井原彰、新井文子、中館雅志、山本浩平、今留謙一、三浦修、立石宇貴秀. EBウイルス陽性T/NKリンパ増殖性疾患のFDG-PET/CT所見とその有用性の検討. 第25回EBV感染症研究会 2016年3月20日.東京

 

6. 野老翔雲、並木剛、乾恵子、三浦圭子、渡邉健、今留謙一、新井文子、横関博雄. 皮疹部に血球貪食像を認め血球貪食症候群を合併したEBV-positive NK-lymphoproliferative diseaseの1例. 第25回EBV感染症研究会 2016年3月20日.東京

  

7.  天野永一朗,大久保卓哉,服部高明,齊藤麻美,東山雄一,児矢野繁,田中章景,新井文子,三浦修,横田隆徳. 慢性活動性EBウイルス感染症に合併した末梢神経障害の臨床的特徴. 第57回日本神経学会学術大会 2016年5月19日 神戸 ポスター発表

 

8.  足立拓也、鳥井原彰、大山潤、立石宇貴秀、新井文子、工藤琢巳、高瀬博、大西威一郎. 術前診断が困難であった右後頭葉の節外性NK/T細胞リンパ腫の一例. 第449回 日本医学放射線学会 関東地方定期大会 2016年6月11日 東京

 

9.  小野澤枝里香、柴山春奈、今留謙一、廿楽明穂、青木奨、小山高敏、三浦修、新井文子.  慢性活動性EBウイルス感染症における炎症性サイトカインの産生の解析. 第5回 日本血液学会関東甲信越地方会 2016年7月2日 新潟 Corresponding author

 

10. 柴山春奈, 今留謙一, 小野澤枝里香, 廿楽明穂, 青木奨, 三浦修, 小山高敏, 新井文子. EBV陽性T, NKリンパ増殖症におけるEBV特異的CTL活性. 第5回 日本血液学会関東甲信越地方会 2016年7月2日 新潟 Correspondingauthor

 

11.  米瀬一朗、今留謙一、小林大輔、山本浩平、三浦修、新井文子. 蚊刺過敏症で発症しT細胞リンパ腫へ進展したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症. 第5回 日本血液学会関東甲信越地方会 2016年07月02日 東京 Corresponding author

 

12.  小野澤枝里香、柴山春奈、今留謙一、廿楽明穂、青木奨、小山高敏、三浦修、新井文子.  慢性活動性EBウイルス感染症における炎症性サイトカインの産生の解析. 第13回EBウイルス研究会 2016年7月9日 東京 Corresponding author

 

 13.  米瀬一朗、今留謙一、小林大輔、山本浩平、三浦修、新井文子. 蚊刺過敏症で発症しT細胞リンパ腫へ進展したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症. 第13回EBウイルス研究会 2016年07月09日 東京 Corresponding author

 

 14.  小椋美知則、鈴木律朗、前田義治、塚本憲史、薄井紀子、大間知謙、新井文子、薬師神芳洋、堀田知光、木下朝博、造血器腫瘍研究会. 再発・難治性マントル細胞リンパ腫(MCL)を対象とした経口フルダラビンとリツキシマブ併用(FR)療法の多施設共同臨床第Ⅱ相試験(造血器腫瘍研究会FR-MCL試験). 第56回日本リンパ網内系学会総会 2016年9月3日 熊本

 

15.  Shibayama.H, Imadome K, Sakashita.C, Watanabe K, Kawano F, Shimizu, N, Koyama T, Fujiwara S, Miura O, Arai.A. In vitro and in vivoeffects of bortezomib on EBV-T/NK-LPDs. The 78th Annual Meeting of the JapaneseSociety of Hematology. 2016年10月14日 横浜

 

16.  宮後宏美、内田亜梨紗、深町雅子、西山友貴、倉田あゆみ、山下水緒、新井文子、江本有子、江本博文、清澤源弘、大野京子. 約2日間の一過性片眼性視覚障害の1例. 第54回 日本神経眼科学会総会 2016年11月25日 宮崎