【論文】

 

1.   Takada H, Imadome K, Shibayama H, Yoshimori M, Wang L, Saitoh Y, Uota S, Yamaoka S, Koyama T, Shimizu N, Yamamoto K,        Fujiwara S, Miura O, Arai A. EBV induces persistent NF-κB activation and contributes to survival of EBV-positive neoplastic T- or NK-cells. PLoS One. 2017;12(3): e0174136. doi: 10.1371/journal.pone.0174136

 

2.   Imai A, Takase H, Imadome KI, Matsuda G, Ohnishi I, Yamamoto K, Kudo K, Tanaka Y, Maehara T, Miura O, Arai A. Development of

extranodal NK/T-cell lymphoma nasal type in cerebrum following Epstein–Barr virus-positive uveitis. Internal Medicine. 2017;56(11): 1409-1414. doi: 10.2169/internalmedicine.56.7573

 

3.    Sekinaka Y, Mitsuiki N, Imai K, Yabe M, Yabe H, Mitsui-Sekinaka K, Honma K, Takagi M, Arai A, Yoshida K, Okuno Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Muramatsu H, Kojima S, Hira A, Takata M, Ohara O, Ogawa S, Morio T, Nonoyama S. Common Variable Immunodeficiency Caused by FANC Mutations. J Clin Immunol. 2017 May 11. doi: 10.1007/s10875-017-0396-4

 

4.    Toriihara A, Nakajima R, Arai A, Nakadate M, Abe K, Kubota K, Tateishi U. Pathogenesis and FDG-PET/CT findings of Epstein-Barr virus-related lymphoid neoplasms. Ann Nucl Med. 2017 May 11. doi: 10.1007/s12149-017-1180-5 [Epub ahead of print]

 

5.     小野澤枝里香、柴山春奈、今留謙一、廿楽明穂、小山高敏、三浦修、新井文子. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症における炎症性サイトカイン産生.臨床血液. 2017;58(3):189-196. doi: https://doi.org/10.11406/rinketsu.58.189

 

6.    柴山 春奈,今留 謙一,小野澤 枝里香,廿楽 明穂,三浦 修,小山 高敏,新井 文子. 慢性活動性Epstein-Barr virus感染症におけるEBV特異的細胞傷害性T細胞. 臨床血液. 2017;58(6):583-588 doi: https://doi.org/10.11406/rinketsu.58.583

 

7.  Torihara1 A, Arai A. Nakadate M, Yamamoto K, Imadome K, Miura O, Tateish U. FDG-PET/CT findings of chronic active Epstein-Barr virus infection. Leuk Lymphoma Leuk Lymphoma. 2017 Oct 12:1-4. doi:  10.1080/10428194.2017.1387902

 

8.   S. Tokoro, T. Namiki, K. Miura, K. Watanabe, A. Arai, K. Imadome, H. Yokozeki. Chronic active Epstein-Barr virus infection with cutaneous lymphoproliferation: haemophagocytosis in the skin and haemophagocytic syndrome. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2017 Oct 12. doi: 10.1111/jdv.14640

 

9.  Tatsuya Saito, Jyunichi Mukae, Yosuke Nakamura, Hiroshi Inaba, Keiji Nogami, Takatoshi Koyama, Katsuyuki Fukutake, Koh Yamamoto. Cross-reacting material-positive haemophilia A diagnosed in a patient with spontaneous thigh haemorrhage.  Internal Medicine. 2017Jul 1; 56(13): 1719–1723. doi: 10.2169/internalmedicine.56.7487

 

10.   Ohashi A, Cho Y, Ichinose S, Hoshi O, Koyama T.  Expression and localization of RNase and its inhibitor in blood cells and

vascular endothelial cells. PLoS One. 2017 Mar 22;12(3):e0174237.  doi: 10.1371/journal.pone.0174237  

 

11.   Misae Tsunaka, Haruka Shinki, Takatoshi Koyama.  Cell-based evaluation of changes in coagulation activity induced

by antineoplastic drugs for the treatment of acute myeloid leukemia.  PLoS One.   2017 Apr 13;12(4):e0175765.

doi: 10.1371/journal.pone.0175765

 

 

【著書】

 

1)  小山高敏 井上智子,窪田哲朗 編.系統看護学講座別巻 臨床薬理学,第3章 主要疾患の臨床薬理学 抗血小板・抗凝固療法 ,

 医学書院, 2017年1月

 

2)新井文子,  エルゼビア『今日の臨床サポート』(改訂第3版)血球貪食症候群 2017年3月公開 

 

 

【学会発表】

 

☆国際学会☆

  

1) Erika Onozawa, Haruna Shibayama, Sho Aoki, Akiho Tuzura, Ken-ich Imadome, Takatoshi Koyama, Osamu Miura, Ayako Arai.STAT3 is constitutively activated and can be a therapeutic target of JAK inhibitors in chronic active Epstein-Barr virus infection. The 22th Congress of European society of Hematology(Madrid)20170623

 

2) Misae Tsunaka, Haruka Shinki, Takatoshi Koyama. Cell-based evaluation of changes in coagulation activity induced by antineoplastic drugs for the treatment of acute myeloid leukemia. The 22th Congress of European society of Hematology(Madrid)20170623

 

3) Akiho Tsuzura, Mayumi Yoshimori,Kanoko, Ken-Ichi Imadome, Erika Onozawa, Ryunosuke Ohkawa, Minoru Tozuka, Osamu Miura, Ayako Arai. Tumor Cells from EBV-Positive T- or NK-Cell Neoplasms Induce Differentiation and Activation of Macrophages by Secreting Humoral Factors. The 49th American Society of Hematology Annual Meeting (Atlanta) 20171211

 

 

☆国内学会☆

 

1)    山下知子, 水地大輔, 吉藤康太, 田中圭祐, 野上彩子, 渡邊健, 坂下千瑞子, 福田哲也, 新井文子, 川又紀彦, 三浦修, 山本正英.中枢神経リンパ腫に対するbusulfanを含む前処置を用いた自家末梢血幹細胞移植の検討. 日本造血細胞移植学会 2017年3月3日 松江

 

2) 酒井伸, 吉藤康太, 齋藤達也, 山下知子, 野上彩子, 渡邉健, 新井文子,川又紀彦, 三浦修. 若年成人T細胞性急性リンパ性白血病に対するL-asparaginase投与に伴う超高トリグリセリド血症. 日本内科学会関東地方会 2017年3月11日 東京

 

3)   杉田圭祐、馬淵卓、大内修治、鈴木里彩、阿部庸子、三浦圭子、小山高敏、金子英司、下門顕太郎、全身性紅斑、発熱、関節痛、体重減少を契機に診断された骨髄異形成症候群の一例、第65回日本老年医学会関東甲信越地方会 2017年3月11日 新潟

 

4)  柴山 春奈,今留 謙一,小野澤 枝里香,廿楽 明穂,三浦 修,小山 高敏,新井 文子.慢性活動性EBウイルス感染症におけるEBV特異的細胞傷害性T細胞. 第26回EBウイルス感染症研究会.2017年3月19日 東京

 

5) 小野澤枝里香、柴山春奈、今留謙一、廿楽明穂、小山高敏、三浦修、新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症における炎症性サイトカインの産生の解析.第26回EBウイルス感染症研究会 2017年3月19日 東京

 

6)  渡邉 健,吉藤 康太,齋藤 達也,山下 知子,野上 彩子,山本 正英,坂下 千瑞子, 福田 哲也,新井 文子,東田 修二,川又 紀彦,三浦 修. 腫瘍随伴性天疱瘡と閉塞性細気管支炎を合併した濾胞性リンパ腫の 1 例. 第4回日本血液学会関東甲信越地方会 2017年 7月1日 松本

 

7)  廿楽明穂、吉森真由美、小野澤枝里香、今留謙一、大川龍之介、戸塚実、三浦修、小山高敏、新井文子. EBウイルス陽性T,NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの分化とサイトカイン産生を誘導する. 第4回日本血液学会関東甲信越地方会2017年 7月1日 松本

 

8)   川野布由子、和田尚美、新井文子、伊藤守、清水則夫、松田剛、今留謙一. 難治性EBウイルス関連T/NKリンパ増殖性疾患モデルマウスを用いた治療薬の評価研究.第14回EBウイルス研究会 2017年7月15日 旭川

 

9)  今野夏乃子、廿楽明穂、吉森真由美、小野澤枝里香、今留謙一、大川龍之介、戸塚実、新井文子. Epstein-Barrウイルス陽性T,NK細胞培養上清は単球系細胞のマクロファージへの分化を誘導する. 第12回 日本臨床検査学教育学会学術大会 8月23日越谷 口頭発表 

優秀発表賞受賞

 

10)  新井文子. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症 ~炎症と腫瘍、2つの顔を持つ疾患~.第45回日本臨床免疫学会総会ワークショップ慢性炎症と免疫不全(招待講演)2017年9月29日 東京

 

11)  米瀬 一朗、坂下 千瑞子、今留 謙一、小林 徹、澤田 明久、伊藤 嘉規, 福原 規子、廣瀬朝生、竹田勇輔、牧田雅典、遠藤知之、木村

俊一、石村匡崇、冨田 誠、中村 桂子、三浦修、大賀正一、木村宏、藤原成悦、新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症の本邦における診療実態の全国調査. 第79回日本血液学会総会 10月20日 東京 口頭発表

 

12)  廿楽明穂、今留謙一、大内史彦、柴山春奈、小原収、今井耕輔、松田剛、小野澤枝里香、吉森真由美、小山高敏、三浦修、新井文子. 慢性活動性EBウイルス感染症におけるAPOBEC3Bの発現亢進. 第79回日本血液学会総会 10月21日 東京 ポスター発表

 

13)  小野澤枝里香、柴山春奈、高田穂菜実、今留謙一、青木奨、吉森真由美、藤原成悦、小山高敏、三浦修、新井文子. 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症ではSTAT3が恒常的に活性化し治療標的となりうる. 第79回日本血液学会総会 10月21日 東京 ポスター発表

 

14)  Tomoko Yamashita, Hiroki Tsutsumi, Kota Yoshifuji, Tatsuya Saito,Yoshihiro Umezawa, Ayako Nogami, Ken Watanabe, Toshikage Nagao, ChizdukoSakashita, Masahide Yamamoto, Ayako Arai, Norihiko Kawamata, OsamuMiura, Tetsuya Fukuda. Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphomawith 11q Deletion. 第79回日本血液学会学術集会 10月22日 東京 口頭発表

 

15)  吉森真由美、今留謙一、新井文子、川野布由子、石川百合子、高橋絵都子、和田尚美、湯之前雄太、外丸靖浩、清水則夫. 定量ストリップ法によるEpstein-Barr virus DNA測定法の開発 第64回日本臨床検査医学会学術集会 11月17日京都 口頭発表