【論文】

 

1. 吉森真由美、今留謙一、富井翔平、山本浩平、三浦修、新井文子.  中枢神経浸潤を伴う慢性活動性EBウイルス感染症の脳脊髄液所見.  臨床血液59(2018):4, p367-372 doi: https://doi.org/10.11406/rinketsu.59.367

 

2. 小野澤 枝里香, 石川 智則, 外丸 靖浩, 清水 則夫, 新井 文子. 慢性活動性Epstein-Barr virus感染症患者からの卵巣刺激後の卵子採取. 

臨床血液 59 (2018)5, p.475-479  doi: https://doi.org/10.11406/rinketsu.59.475

 

3.   Onozawa E, Shibayama H, Takada H, Imadome KI, Aoki S, Yoshimori M, Shimizu N, Fujiwara S, Koyama T, Miura O, Arai A.

STAT3 is constitutively activated in chronic active Epstein-Barr virus infection and can be a therapeutic target. Oncotarget.

2018; 9: 31077-31089.  doi. https://doi.org/10.18632/oncotarget.25780

 

4.   Yonese I, Takase H, Yoshimori M, Onozawa E, Tsuzura A, Miki T, Mochizuki M, Miura O, Arai A .  CD79B mutations in primary vitreoretinal lymphoma: Diagnostic and prognostic potential. European Journal of Haematology. 【in press】

 

 

 

【著書】

 

1. 新井文子「慢性活動性EBウイルス感染症」最新医学別冊 診断と治療のABC133 「悪性リンパ腫」 p82-90 照井康仁 編集  2018年4月1日 

 

2.    新井文子「血球貪食症候群の治療」EBM血液疾患の治療 2018-2019. 504-508 金倉譲、木崎昌弘、鈴木律朗、神田善伸編集中外医学社 2018年10月15日第一版発行

 

  【総説・講座】

 

1. 渡邉健、新井文子. マントル細胞リンパ腫に対する自家造血幹細胞移植後のリツキシマブ維持療法. 血液内科 77:301-305. 2018. 

 

 

  【学会発表】

 

 ★国際学会★

 

1.  Ayaka Ohashi A, Sofia Salpisti, Takatoshi Koyama, Klaus T. Preissner, Silvia Fischer.  Expression and release of ribonuclease inhibitor by vascular cell types.  62nd Annual Meeting Of The Society Of Thrombosis and Hemostasis Reserch 20-23 February 2018,

( Vienne , Austria)

 

2.  Arai A, Yonese I, Sakashita C, Imadome KI, Kobayashi T, Sawada A, Itoh Y, Ohga S, Kimura H, Fujiwara S. Nationwide survey of chemotherapy for CAEBV in Japan.2018 International Conference on EBV and KSHV 20180729  (Madison)

 

3.  Arai A, Yonese I, Sakashita C, Imadome KI, Kobayashi T, Sawada A, Itoh Y, Ohga S, Kimura H, Fujiwara S. Nationwide survey of chemotherapy for CAEBV in Japan.The 59th American Society of Hematology Annual Meeting & Exposition  20181201(San Diego)

 

 

 ★国内学会★

 

1.   池田朱里、堤大樹、渡邉健、青山慧、齋藤達也、長尾俊景、坂下千瑞子、山本正英、福田哲也、東田修二、新井文子、川又紀彦、三浦修.  二次性骨髄線維症による 門脈圧亢進症性消化管出血に対してルキソリチニブが著効した一例.   日本血液学会関東甲信越地方会 2018年3月3日 東京

 

2. 米瀬一朗、坂下千瑞子、今留 謙一、小林 徹、澤田 明久、伊藤 嘉規, 福原 規子、廣瀬朝生、竹田 勇輔、牧田雅典、遠藤 知之、木村 俊一、石村 匡崇、冨田 誠、中村 桂子、三浦 修、大賀正一、木村宏、藤原 成悦、新井 文子. 慢性活動性EBウイルス感染症の本邦における診療実態.  第27回EBウイルス感染症研究会   3月18日 東京

 

3. 吉森真由美、今留謙一、富井翔平、山本浩平、三浦修、新井文子.  中枢神経浸潤を伴う慢性活動性EBウイルス感染症の脳脊髄液所見.   第27回EBウイルス感染症研究会 3月18日 東京

 

4.    新井文子.   慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症~発症分子機構の解明と治療法の開発~  第27回EBウイルス感染症研究会

3月18日 東京

 

5.    呉詩星.  Epstein-Barrウイルス陽性T,NK腫瘍細胞におけるウイルス由来マイクロRNAの発現と機能の検討. 第13回日本臨床検査学教育学会学術集会口頭発表  8月17日  札幌

 

6.    立石萌、吉森 真由美、呉 詩星、小山 高敏、新井 文子. Epstein-Barrウイルス陽性T、NK細胞培養上清は単球系及び血管内皮細胞の凝固活性を亢進させる.  第13回日本臨床検査学教育学会学術集会口頭発表  8月17日  札幌

 

7.     Ayako Arai, Chizuko Sakashita, Akihisa Sawada, Hiroshi Kimura. 「Nationwide survey of chemotherapy for CAEBV in Japan」

 The 77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association. 20180928 (Osaka)  新井文子、坂下千瑞子、澤田明久、木村宏.   「慢性活動性EBウイルス感染症の本邦における診療実態の全国調査」  第77回日本癌学会学術総会 9月28日 大阪

 

8.    Ayako Arai Ichiro Yonese, Hiroshi Takase, Mayumi Yoshimori, Tohru Miki, Manabu Mochizuki, Osamu Miura. CD79B Y196 mutations in primary vitreoretinal lymphoma: Diagnostic and prognostic potential. The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology. 20181012  (Osaka)新井文子、米瀬一朗、高瀬博、吉森真由美、三木徹、望月學、三浦修. 原発性硝子体網膜リンパ腫におけるCD79B Y196 変異. 第80回日本血液学会学術集会 10月12日 大阪

 

9. Mayumi Yoshimori , Haruka Shinki, Ken-Ichi Imadome, Shixing Wu, Megumi Tateishi , Takatoshi Koyama, Ayako Arai.  EBV-NK-cells induce procoagulant activity of monocytic and vascular endothelial cells causing DIC. The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology. 20181012   (Osaka)吉森真由美、新木春香、今留謙一、呉詩星、立石萌、小山高敏、新井文子. EBV陽性NK腫瘍細胞は単球系・血管内皮細胞の凝固促進能を活性化しDICの原因となり得る. 第80回日本血液学会学術集会 10月12日 大阪